(3)大会関連 Feed

2014年8月14日 (木)

競技時間の表示テスト

10月の2014えひめスポーツ吹矢選手権大会では競技時間を表示しますが、その機材が揃いましたので早速組んでテストを行いました。

使用機器はPC1台、ディスプレイ分配器(4分配)1台、15インチ液晶モニター4台、D-subケーブル5m×2本、15m×3本です。モニターは10レーンに2台ずつ設置する予定ですので、20レーンで合計4台使用します。

ケーブル総延長は55mですが、画質の劣化を考慮した65m以内とされる基準以下なので、見た目画質の低下はなさそうです。

1

モニターは全てジャンク品(動作未保証中古品)です。年間1,2回の使用で、年間使用時間も長くてもせいぜい10時間程度である事を考えると、とても10000円近くする新品は買えません。かと言って3000~4000円の中古を買っても、何時間使えるという保証も全くありません。結局壊れたらジャンク品を買い換えて行くのが、一番現実的ではないかと考えました。

これらは皆価格タグに記入の「写りました」の言葉を信じて購入した、540円~1080円の物(540円と1080円で何が違うのかよく分かりません。)ですが、取り合えず皆無事に6時間の連続使用テストに耐えました。但し何時ご臨終するか分からないので、予備にもう一台購入しています。

モニターはメーカー、形式も当然ながら不揃いで、その結果スタンド形状も様々だったので、思い切って既製スタンドを取外し、皿台をスタンド代わりとしました。スタンドは形も大きくまたメーカーによっては重量も結構あるのですが、取外す事によって収納が非常にコンパクト、軽量になりました。

本来は皿を展示する際使用する台です。

3

スタンドを外したモニター5台と諸々1式をひとつのケースに収めました。既製スタンド付だとこうはいきません。

4

費用的にはPC以外でケースも含めて30000円以内で収まりました。手間もまた費用的にも割と手軽な競技時間の表示方式と思います。10月11日のプレ大会で初お披露目です。



2014年7月22日 (火)

大会での競技時間表示

スポーツ吹矢の大会では、競技時間の経過を会場内に表示する事は無く、競技者へ30秒前の告知をするのみとなっています。しかし他のスポーツ競技では、通常競技時間を表示するのが一般的です。スポーツ吹矢でもやはり競技者への時間表示は、あった方が良いとかねがね思っていました。

実は愛媛県大会では過去に1度、競技時間の表示を行いました。今回10月18日開催の2014えひめスポーツ吹矢選手権大会でもそれを検討してみたいと思い、模擬試合の練習で実際に使ってみました。

大体5レーンに1箇所の配置を考えています。

1

パソコンとモニターをクローン表示にして使用します。今回はモニター1台ですが、大会では4台を分配器を介しパソコンに接続します。

2

モニターは15インチスクエアタイプです。タイマーソフトは分表示が2桁の物がほとんどで、この様な1桁のものは貴重です。1桁だとスクエアタイプで文字表示が最大限の大きさで表示できます。

3

今回は11名に体験してもらいましたが、皆さん時間表示はあった方が良いとの事でした。表示が気になるのではとも思いましたが、モニターの位置が低いので吹く際に特に気になるという事はありませんでした。

時間をチェックしながら吹けるので、残り時間が分からずあわてて吹くという事も無いはずなんですが、やはり早い人は早いですね。これに関しては人の事は言えませんが・・・・

4

今後大会実行委員会で協議し使用の是非を決めますが、この方式だとタイムキーパーの負担も減ることから、個人的には実施したいと思っています。

2014年6月27日 (金)

大会開催のお知らせ

2014えひめスポーツ吹矢選手権大会を、10月18日(土)に松前町松前公園体育館にて開催します。種目は10mのみで6Rを2ゲーム行い、高い方のゲーム得点で男女別に順位を決定します。参加資格は(一社)日本スポーツ吹矢協会員であれば級・段位を問いません。

当日は競技開始迄約1時間、競技用レーンでの練習が可能です。また競技中は会場内の練習用レーン(10レーン)で自由に練習が行えます。

全国的にも例の無い、事前練習+2ゲームの大会に是非ご参加ください。

詳細はこちらをご覧下さい。14.pdfをダウンロード

参加申し込み書。2014entry.xlsをダウンロード

2014年4月18日 (金)

2ゲーム大会の総括

先日の2014春季愛媛県大会は6Rを2ゲーム行った大会でした。県大会レベルで2ゲーム大会は恐らく協会初の試みでしょうが、県下では昨年の8月の松山支部、とべ陶街道支部合同大会を既に2ゲームで行っており、愛媛県での2ゲーム大会の開催は今回が2回目となります。

通常は1ゲームで行うのをあえて2ゲームとする最大の理由は、多くの方がそうでしょうが私自身も1ゲームでは物足りないという事です。1ラウンドをミスをした時など、ああもう1ゲームあればと思った事も多々あり、特に遠路はるばる参加した時には、ガックリと肩を落として何度帰路に就いた事か・・・。

そこで2ゲームをと思い立ったのですが、2ゲーム大会を検討する上で最大のネックはやはり時間的な制約です。大会のスケジュールとしては大体開会が9:00~9:30、閉会が~16:00~16:30頃となるのが一般的です。その内セレモニーや集計、表彰などの時間を除くと、競技に割り振る時間は最長でも10:00~16:00の6時間が目一杯というところでしょう。

この最大6時間で何ラウンド可能かですが、前半はどうしてもペースが遅く、後半は速くなる事を考慮しても、1ラウンド5分~5分30秒見とけば大体大丈夫です。よって1ラウンド5分とすると72ラウンド、5分30秒とすると65ラウンド可能という事になります。

今回は昼に30分程度の休憩を入れたいのと、少し余裕を持って60ラウンドとしました。その結果組数は60÷12=5組となり、レーン数20で定員100名となります。競技時間は午前1ゲーム目10:00~12:30、午後2ゲーム目13:00~15:30の計5時間としました。

実際の所要時間は、1ゲーム目9:45~12:25、2ゲーム目12:55~15:25、計5時間10分とほぼ予定通りでした。

なお今回は正に時間との勝負でしたので、時間節約の工夫として、跳ね矢は2本までとし、3本目以降は無効としました。また練習用レーンは終日、競技用レーンは開会前まで開放しましたので、競技の最初に行う試矢も廃止としました。

次に順位の決め方ですが、2ゲームの内のどちらか高得点を第1優先、次に合計点を第2優先としました。上位(1~3位)がそれでも同点の場合は、1本勝負か7点矢の数で優劣を決めるつもりでしたが、結果は下表の様に10m6位が同順になったのみで、他は全て単独で順位がつきました。

Photo ここまで単独順位が揃うとはちょっと予想外でした。1ゲームだと階段状のブロック順位になって同順位その他大勢というのが常ですが、自分の個別順位がはっきりとして何かすっきりとした感じです。

また2ゲーム目が1ゲーム目より高得点だった方が半数居られました。この方達は少なくとも2ゲーム吹けて良かったと感じておられると思います。ちなみに今回は8位までの入賞としましたが、その内2ゲーム目が高得点だったのは8mの部が8名中7名、10mの部は同じく5名でした。皆さん後半頑張りましたね。

Photo_2

通常の1ゲーム大会だと上位でもまず何組かの同点順位が発生し、1本吹く割には結構時間を費やして同点決勝を行いますが、これをしなくて良いというのはスムーズに表彰に移れ、運営上は助かります。

〈今後の課題〉
今回は100名規模の大会でしたが、手間、データ量は200名規模の大会と同じと言えます。私達審判・集計スタッフは全て競技兼任でしたが、2ゲームそれぞれ前、後半と4回競技に参加しながらの運営は正に目が回るような忙しさでした。

今後これを解消するにはスタッフの内、何割かは専任スタッフとするのと、組数をもう少し増やす事です。しかし1組増やすと単純に競技時間が1時間増え、これは競技開始時間の繰り上げにも限度がありますので、更なる競技時間の短縮を考えなければいけません。

後、県下の支部間で、競技全般に関する熟練度にかなり差があり、全ての支部がある一定のレベルとなるよう事前にもっと周知徹底し、また必要であれば研修を行って、全支部が主催者側として運営の一端を担えるようになる必要があります。

これらは今後年2回行う大会において、様々な試みをしながら徐々に改善される事と思います。

〈個人的な感想〉
県大会の開催は3年ぶりなので、運営も久しぶりですが、今回は運営スタッフとしてまた競技者としても2ゲームという事で大変忙しく、レーン審判で座っている時が唯一の休息という有様でした。にも関わらず非常に楽しく充実した一日を過ごせました。

得点結果は決してよいものではなかったし、てんてこ舞いの忙しさに、せっかくの機会に県外の方の誰とも懇談出来ませんでした。しかし今までの大会ではあまり味わえなかった、この心地よい疲労感と満足感は何故だろうと、数日後あらためて考えて見ました。

運営スタッフとしては、大会のプランニング、打ち合わせ協議、プレ大会実施による事前演習など、今までの愛媛県大会とは違って順を追ってきちっと大会に向けてすべき事を成し得たのと、当日多少ハプニングはあったものの、特に遅延する事無くスケジュール通りに運営できた事は、非常に満足がいくものでした。

次に競技者としては、悪いなりにも2ゲーム行った事で、まあ「現時点ではしゃあないな」と得点には納得がいった事でしょうか。これは他の競技者の方も一様に感じられていると思います。事実楽しかったとか満足したという感想を多く頂きました。全員順位がきちっとついたという点も、その事に関係するかもしれません。

この2つの相乗効果で今までの大会と異なった充足感が感じられたのだと思われます。

2ゲーム大会はちょっと工夫すれば、どの大会でも可能です。例えば200人規模で個人戦を25レーン8組、その後団体戦を行っている大会であれば、団体戦を廃して個人戦のみとし、40レーン5組、又は35レーン6組で200人2ゲーム大会が行えます。

皆様一度検討されては如何でしょう?また次回の愛媛県大会には、楽しい2ゲーム大会の体験に是非ご参加下さい。



続きを読む »

2014年4月14日 (月)

2014春季愛媛県スポーツ吹矢大会

 とうとう2014春季愛媛県スポーツ吹矢大会の当日になりました。天気予報通りですが、あいにくの雨になり、おまけにとても寒くて、広い体育館は底冷えがします。せっかく来てくださった他の支部の方たちには、ほんとうに申し訳ありません。

 受付は9時からですが、練習時間を8時半からと設定していたものですから、大勢の方が早くから来ていただき、本当に嬉しい思いでいっぱいです。試合は定刻通り、10時から午前の部の試合が始まり、終了後、30分の休憩のあと、午後の部の試合を終えました。

H26413_020

H26413_024

H26413_026

 集計の間、各支部の紹介などを挟み、いよいよ表彰に入りました。8mの部の優勝、徳山さん(徳島大神子支部)190点、準優勝、古田さん(とべ陶街道支部)182点、3位、下河さん(高松支部)176点です。10mの部優勝、今井さん(倉敷中央支部)186点、準優勝、寺本さん(筆の里くもの支部)186点、3位、武内さん(高知香北支部)182点です。優勝の今井さんと準優勝の寺本さんは同点ですが、2試合の合計点の高い今井さんが優勝となりました。寒くて、本来の力が出せなかった方も多いかとおもいますが、皆さん、ほんとうにお疲れ様でした

H26413_031 協会本部山田さんより基本動作奨励賞、5名にいただきました。呼吸に合わせた基本動作は、気持ちが落ち着きます、見ていても綺麗ですね。

H26413_039  8mの部の表彰式のもようです。記念品は3位までですが、8位までが入賞です。

H26413_043  10mの部の表彰式のもようです。同じく、8位までが入賞です。賞状をお渡しいたしました。

H26413_044  パーフェクト賞の5名の方です。試合でのパーフェクト、ほんとうにお見事です。

H26413_030  ほぼ参加者全員で記念撮影です。本当にきょうは寒い中、皆さんよく頑張りました。また、どこかの大会でお会いしたいものです。愛媛県協会会員が各地の大会に参加の節には、お声をかけてくださいね。

H26413_049  片づけが終わって、松山支部、とべ陶街道支部合同の反省会の模様です。準備その他で大変でしたが、終わってみるとほんとうに楽しかったです。いろいろな面でいい勉強になりました。何より、他の支部の方たちと交流が持てたこと、ほんとうに大きな収穫でした。

なお結果は大会順位表の2014春季愛媛県大会をご覧下さい。

 

続きを読む »

大会前夜

 4月12日(土)午前中通常の練習のあと、午後から、協会本部理事による、公認指導員試験がありました。松山支部より3名、とべ陶街道支部より2名、計5名が受けました。協会本部、山田氏による丁寧な基本動作の説明などを受け、無事試験を終えることができました。

 

H26412a

H26412b

H26412c

 13日(日)は、春季愛媛スポーツ吹矢大会ですので、この日、午後6時半より市内の東京第一ホテルにて、レセプションが行われました。初めて顔を合わせた方、久しぶりの再会を喜ぶ方、と明日の試合に向けて、話が弾みました。ほんとうは、もっともっと歓談したいところですが、あすの試合に差し支えるといけませんので、、9時前前には、解散になりました。試合、皆さん頑張ってください。

 会員の皆さんの協力にて、あすの準備はほぼ終わりました。いい大会にしたいです。

 

 

続きを読む »

2014年3月30日 (日)

春季プレ大会

 3月29日(土)午後1時より、愛媛県下のいくつかの支部による春季プレ大会が行われました。これは、来月行われる春季愛媛スポーツ吹矢大会の予行演習でもあります。手順を確認し、スムーズに行うことができるのかのチェックであり、各人に振り分けられた役割の確認でもあります。また、時間通り執行出来るのか、とか、今日の大会の意義は大きかったようです。

H26329a 

H26329b 

H26329c

 当初申し込みのあった人数より、当日の都合でキャンセルなどがあり、最終的に、参加人数8mの部16名、10mの部21名、合計37名で行いました。大会結果は松山支部HP、大会順位表、2014年愛媛県プレ春季大会  2014syunnkipuretaikaiをご覧になってください。

 当日のキャンセルがあると、レーン審判の不足が生じ、もう少し多めにレーン審判の方を用意しておかないとならないようです。春季愛媛大会だと、参加人数が多いし、混乱を招くといけませんので、いつでも入れる人を確保する必要があるようです。今日の収穫でした。あとの役割は、ほぼ予定通りで、当日はもっとスムースにやれると思います。

 春季愛媛大会に向けて、着々と準備ができています。県下の、そして、他県から参加してくださる会員の方々、楽しみにしていてください。

 

 

 

続きを読む »

2014年1月31日 (金)

愛媛県大会のお知らせ

2014春季愛媛県スポーツ吹矢大会を、来る4月13日(日)に砥部町陶街道ゆとり公園体育館にて開催します。種目は8m(初段以下)、10m(フリー)の個人2種目です。競技は6Rを2ゲーム行い、高い方のゲーム得点で順位を決定します。また当日会場内に練習レーン(10レーンを予定)を併設し、随時練習可能とします。

従来大会の少ないラウンド数では十分に力を発揮できない方や、常々1ゲームでは物足りないとお感じの方は是非この機会にご参加下さい。

詳細はこちらをご覧下さい。  2014.pdfをダウンロード

参加申込み用紙。  2014ehime.xlsをダウンロード

・会場付近図


より大きな地図で 陶街道ゆとり公園(旧称:総合公園) を表示

・会場アクセス(当日は松山市内より送迎バスが出ます)

Yutori

続きを読む »

2013年10月14日 (月)

高知(中・四国)大会

H251012a_3

H251012b_2

H251012c

H251012d

H251012e

  秋晴れって言葉がこの日のためにあるような10月12日(土)、高知県南国市で高知大会(中・四国)大会が開催されました。松山支部からは8名、とべ陶街道支部からは6名、計14名が愛媛県勢として参加です。個人戦はいまいち振るいませんでしたが、中・四国大会でのトーナメント戦では、とべ陶街道支部のKさんが3位、松山支部のS(女性)さんが4位とそれぞれ入賞いたしました。  高知での大会は、大会終了後の懇親会もとっても楽しみです。恒例の藁焼きカツオのタタキ(実演)もとてもおいしく、充分満足して帰ってまいりました。1年後の高知大会、是非もっと大勢の会員の参加で盛り上げましょう。

2013年9月 1日 (日)

松山・とべ合同大会

 夏の終わり、8月31日(土)に、松山支部、とべ陶街道支部合同大会が行われました。外は少し雨模様ですが、松山支部から16名、とべ陶街道しぶから9名の計25名で、会場は砥部町商工館2Fです。国道33号線より少しばかり入ったところにあり、すぐ近くに、“念ずれば花開く”で有名な坂村真民さんの記念館もあります。

H25831a

H25831b

H25831c

 会場はとても天井が高く、広さも充分あります。とても明るくて、個々の的は1,500ルクスあります。的と的の間は、1.6M取ってあり、この日は左右混在しないように組まれていましたが、たとえ、混在であったとしても、充分な広さであろうと思います。まず、両支部の支部長から挨拶がありました。とべ陶街道支部は、支部結成よりほぼ1年であり、会員数も順調に増えています。両支部共にとてもうれしいことです。

 全般に、ゆったりと、和気あいあいのムードの中、午前の部から始まりました。午後からも、もう1ゲームあり、どちらか点数の高いほうが、今日の点数になります。ルールは、日本スポーツ吹矢協会競技会規則に則ったもので行われました。試合結果については、支部HP右上の大会順位表にアップしていますのでご覧ください。

H25831e

 個人戦が終わったあと、両支部を代表する3名による団体戦が行われました。一人2ラウンドづつ計6ラウンドでの合計得点を競います。一人目では、とべが2点リード、二人目では、松山が追いつき同点とし、三人目で、同点数となり、結果、両支部とも176点での引き分けとなりました。いやー、普段緊張しないような方が緊張してたり、手に汗握るいい勝負でした。

H25831d

H25831f

 会場が明るくて、いい雰囲気の中での試合だったせいか、パーフェクトが6回でたり(一人で3回の方も)、初めて間がないカルチャーの会員の方が高得点を出すなど、見どころがたくさんありました。運営のほうもそれぞれの役割が与えられ、また、それをキチッとこなし、スムーズに予定終了時間よりもやや早く、終わることができました。来年は、愛媛県大会を行う予定ですので、大きな前進と言えます。

 会場のかたずけ、清掃、ゴミの始末を終え、全てが終わったのが、午後4時前のことです。あとは、各自、家に帰る人、懇親会へと向かう人それぞれでしたが、松山支部、とべ陶街道支部、カルチャー教室の方と交流の場を持てたこと、大きな収穫の一日となりました。