(3)大会関連 Feed

2017年5月22日 (月)

2017愛顔つなぐえひめ国体デモスポ

Dsc_00151


2017年5月21(日)砥部町ゆとり公園体育館で国体デモスポ競技会が開催されました。

天候に恵まれ少し暑いくらいの会場でしたが、愛媛県内から138名の選手が参加して粛々と競技が行われました。

結果は右サイドバー大会順位表をご覧ください。

20171_img020

Img_4086

Img_4553

Img_7353

松山支部の松山Kの皆さん

Img_7536えひめ小野支部の皆さん

Img_9947

ニュージランドから特別参加のエイドリアン・ロバーツさんと愛媛やまじ風支部の宮崎支部長

Img_4409

競技の様子

Img_9775b2全体集合写真

Dsc_00201

 協会本部からは中村理事長、米長常務理事が来県し挨拶の言葉を頂きました。また、中四国の役員の皆様に競技進行のお手伝いをして頂きました。

藤浦

2017年4月23日 (日)

2017愛媛県大会の結果

2017年4月23日(日)砥部町ゆとり公園体育館にて上記の大会が開催されました。

来る5月21日(日)えひめ国体でもスポの予行演習を兼ねて本日愛媛県大会を開催しました。国体本番に向け問題点等も明確となり有意義な大会となりました。

結果は右サイドバー大会順位表をご覧ください。

藤浦

2016年9月11日 (日)

大会結果

2016えひめスポーツ吹矢選手権大会が昨日松前町松前公園体育館で開催されました。参加者は99名で、男子は東広島やよい支部の宇吹さんが、女子は豊中中央支部の坂井さんが優勝を飾りました。

結果は右サイドバー(松山支部)内大会順位表をご覧下さい。

2016年6月13日 (月)

2016えひめスポーツ吹矢選手権大会

2016えひめスポーツ吹矢選手権大会を9月10日(土)を松前町松前公園体育館で開催します。

この大会は今年で3回目ですが、他の大会には無い下記の様な特徴があります。

・種目は10m(6R)を2回行い、高い方の得点で順位を決めます。
・参加資格は段・級位を問いません。日本スポーツ吹矢協会員であれば無級~6段まで誰でも参加出来ます。
・競技前に約1時間競技用レーン及び練習用レーンを使って自由に練習が出来ます。
なお競技中は練習用レーンで自由に練習が出来ます。
・競技者は競技時間を前面のモニターで確認できます。
 
元祖10m×2ゲーム大会にぜひお越し下さい。

詳細はこちらをご覧下さい。2016sensyuken.docxをダウンロード

参加申し込み書。2016entry.xlsをダウンロード

2015年9月13日 (日)

大会結果

2015えひめスポーツ吹矢選手権大会及び、第4回中国・四国ブロック大会が本日松前町松前公園体育館で開催されました。参加者は8mの部62名、10mの部92名の計154名でした。

結果は右サイドバー大会順位表をご覧下さい。

2015年6月 1日 (月)

大会開催のお知らせ

2015えひめスポーツ吹矢選手権大会及び、第4回中国・四国ブロック大会を9月13日(日)に松前町松前公園体育館にて併開催します。

種目は選手権大会は10mの部6R×2で、高い方のゲーム得点で男女別に順位を決定します。参加資格は(一社)日本スポーツ吹矢協会員であれば級・段位、在住地区を問いません。

中国・四国ブロック大会は8mの部(2段以下)3R×2と10mの部(フリー)6R×1で、10mの部は選手権大会の第1ゲーム得点をその得点とします。両種目共男女別に順位を決定しますが、参加資格は中国・四国地区の協会員のみです。

当日は競技開始迄約1時間、競技用レーンでの練習が可能です。また競技中は会場内の練習用レーンで自由に練習が行えます。

全国的にも例の無い、事前練習+2ゲームの大会に是非ご参加ください。

詳細はこちらをご覧下さい。2015tyusikoku.pdfをダウンロード

参加申し込み書。2015entry.xlsをダウンロード

2014年10月19日 (日)

2014えひめスポーツ吹矢選手権大会

 10月18日(土)、待ちに待った2014えひめスポーツ吹矢選手権大会の日になりました。秋晴れの快晴、屋内での大会ですが、言うことなしのお天気です。

 今年、4月にも大会を開催しましたから、二度目の大会です。前回に比べてやや人数は少なくなりましたが、新しい愛媛方式での実施に参加者の方の反応はどうだったのでしょうか。10mのみ6ラウンド、2ゲームでの競技で、どちらか高得点での勝敗になります。6ラウンド、続けて吹くのは、体力的にしんどいのか、緊張が途切れなくていいのか、どちらなのでしょう。

H261018a 

H261018b 

H261018c

 参加選手49名、スタッフ10名、計59名での開会式のあと競技に入りました。ここ、松前町体育館は広くて、明るくて、とてもいい会場です。的の明るさも申し分なく、パーフェクトが18個も出ました。やはり、明るくて、吹きやすかったようです。こじんまりした大会になりましたので、参加者のかたもとてもリラックスされているように見受けられます。

H261018d 

H261018e 

H261018f

 また、今回の大会では、新しい試みが二つありました。まずその一つ、審判席のパソコン操作で、選手の方たちの前方にモニター画面を3個置き、競技時間の表示を行ったことです。競技者の方は、吹きながら、残り時間を確認することができます。自分のペースで競技を行うことにもつながったのではないでしょうか。

 次に、1組が終わるごとに出された集計の結果をモニター速報したことです。集計を行ったパソコンと液晶画面をつないで、その都度、最新の結果を確認できるようにしました。集計の選任スタッフをおいて、迅速な集計作業とその表示に工夫をしました。今回競技者は各自吹いた後レーン審判を行いますが、審判中にその方の入力を済ませますので、審判した得点票を集計所に持参した際、ご自分の状況をモニターで確認することができました。

H261018g 

H261018h

 競技は、予定より少し早く終わり、開会式、表彰式を終わり、片づけまでスムースにできました。競技を終えて帰られる方、懇親会に残られる方、しばしの歓談のあと、また来年の大会、他の大会での再開を約束して、解散いたしました。

H261018i

 競技の終わったあと、会場近くの懇親会会場に移り、合計18名での懇親会をいたしました。今日の反省やら、普段の練習の話、よもやま話、で話に花が咲き、とても楽しい時間を持つことができました。大会の後の懇親会って、どうしてこんなに楽しいのでしょうね。

 今日の大会は概ね好評でした。会場の良さももちろんですが、新しい試みがいくつか見られ、他の支部の方々にも参考にしていただけたら嬉しいです。来月には、高知での大会があります。この大会、また他の大会で、今日参加してくださった方々との再会、また、新しい出会いがあることを楽しみにしています。きょうはほんとうにありがとうございました。

 

2014年10月18日 (土)

2014えひめスポーツ吹矢選手権大会速報!

10m、6ラウンド2ゲームで競う2014えひめスポーツ吹矢選手権大会が本日行われました。今回は新しい試みとして6ラウンドを続けて吹く方式でしたが、パーフェクトも多く出て概ね好評でした。詳細は後日報告します。結果はサイドバー松山支部→大会順位表をご覧下さい。

1

今回も練習レーンを設置しました。

2

2014年8月14日 (木)

競技時間の表示テスト

10月の2014えひめスポーツ吹矢選手権大会では競技時間を表示しますが、その機材が揃いましたので早速組んでテストを行いました。

使用機器はPC1台、ディスプレイ分配器(4分配)1台、15インチ液晶モニター4台、D-subケーブル5m×2本、15m×3本です。モニターは10レーンに2台ずつ設置する予定ですので、20レーンで合計4台使用します。

ケーブル総延長は55mですが、画質の劣化を考慮した65m以内とされる基準以下なので、見た目画質の低下はなさそうです。

1

モニターは全てジャンク品(動作未保証中古品)です。年間1,2回の使用で、年間使用時間も長くてもせいぜい10時間程度である事を考えると、とても10000円近くする新品は買えません。かと言って3000~4000円の中古を買っても、何時間使えるという保証も全くありません。結局壊れたらジャンク品を買い換えて行くのが、一番現実的ではないかと考えました。

これらは皆価格タグに記入の「写りました」の言葉を信じて購入した、540円~1080円の物(540円と1080円で何が違うのかよく分かりません。)ですが、取り合えず皆無事に6時間の連続使用テストに耐えました。但し何時ご臨終するか分からないので、予備にもう一台購入しています。

モニターはメーカー、形式も当然ながら不揃いで、その結果スタンド形状も様々だったので、思い切って既製スタンドを取外し、皿台をスタンド代わりとしました。スタンドは形も大きくまたメーカーによっては重量も結構あるのですが、取外す事によって収納が非常にコンパクト、軽量になりました。

本来は皿を展示する際使用する台です。

3

スタンドを外したモニター5台と諸々1式をひとつのケースに収めました。既製スタンド付だとこうはいきません。

4

費用的にはPC以外でケースも含めて30000円以内で収まりました。手間もまた費用的にも割と手軽な競技時間の表示方式と思います。10月11日のプレ大会で初お披露目です。



2014年7月22日 (火)

大会での競技時間表示

スポーツ吹矢の大会では、競技時間の経過を会場内に表示する事は無く、競技者へ30秒前の告知をするのみとなっています。しかし他のスポーツ競技では、通常競技時間を表示するのが一般的です。スポーツ吹矢でもやはり競技者への時間表示は、あった方が良いとかねがね思っていました。

実は愛媛県大会では過去に1度、競技時間の表示を行いました。今回10月18日開催の2014えひめスポーツ吹矢選手権大会でもそれを検討してみたいと思い、模擬試合の練習で実際に使ってみました。

大体5レーンに1箇所の配置を考えています。

1

パソコンとモニターをクローン表示にして使用します。今回はモニター1台ですが、大会では4台を分配器を介しパソコンに接続します。

2

モニターは15インチスクエアタイプです。タイマーソフトは分表示が2桁の物がほとんどで、この様な1桁のものは貴重です。1桁だとスクエアタイプで文字表示が最大限の大きさで表示できます。

3

今回は11名に体験してもらいましたが、皆さん時間表示はあった方が良いとの事でした。表示が気になるのではとも思いましたが、モニターの位置が低いので吹く際に特に気になるという事はありませんでした。

時間をチェックしながら吹けるので、残り時間が分からずあわてて吹くという事も無いはずなんですが、やはり早い人は早いですね。これに関しては人の事は言えませんが・・・・

4

今後大会実行委員会で協議し使用の是非を決めますが、この方式だとタイムキーパーの負担も減ることから、個人的には実施したいと思っています。